メインイメージ画像

コンタクトレンズの注意点は目に違和感がある時は使わない事です

コンタクトレンズの使用上の注意点は、まず目に違和感がある場合は使用を中止すること、違和感を解消するために行動することです。コンタクトレンズを使用している時、目の痛みや乾き、痒みなどの違和感がある場合は、目に負担が掛かっている状態です。この状態でも使用することは可能です。

しかし、使用を続けることによってさらに目に負担が掛かってしまい、状態が悪化してしまう場合があります。目の痛みや乾き、違和感があるという場合は、コンタクトレンズが向いていなかったり、使用しているコンタクトレンズが合っていなかったりなどの問題が考えられます。

また、ケアを怠ってしまうことで、違和感を覚える場合もあります。違和感を解消するためには、従来通りに使用するのではなく、一度使用を中止し、眼科で相談してみること、治療を受けることが必要です。

また、合うコンタクトレンズを探したり、目の負担を考えてコンタクトレンズと眼鏡を併用したりなど、いろいろな方法で違和感を解消できます。違和感以外では、予備のコンタクトレンズを用意しておくことも注意点です。

コンタクトレンズは、衝撃によって外れてしまう場合があります。例えば、躓いてしまったり、スポーツの際に身体が当たったりなどで衝撃を受けた際に外れてしまい、床に落ちてしまうと探すのが大変な状況が考えられます。使用している物が無くなった時の予備を用意しておけば、万が一の状況に対応できます。また、ハードのコンタクトレンズよりもソフトのコンタクトレンズの方が外れにくい性質があるため、激しく動くような状況が想像できる場合は、ソフトのコンタクトレンズを使用するようにしましょう。

更新情報